大切なのはシーンに合わせて出刃包丁のサイズを変えること

サイトマップ

出刃包丁

片刃は料理人向きで両刃は主婦向きです

沢山の包丁

出刃包丁は刃が片刃のみで表面と裏面を使い分けられます。幅広の刃元は魚の頭を傷付けずに切り落とす為の物ですし、刃の中程から切っ先に掛けて細く鋭い仕様に成っていますので鰭や内臓を取り出す或いは小骨といった細かな部分も難無く処理出来ます。世間一般に良く使われている包丁は出刃包丁の様に表と裏が無く、左右何方から見ても同じ角度で両刃という造りです。一見すると矢印を模した様ですが、洋包丁という括りに入ります。洋包丁は素人でも扱い易く、食材を切る際に真っすぐ刃を入れれば左右均等に切り分けられますので和洋中華と様々な料理を作る家庭向きです。
因みに洋包丁や三徳包丁と菜切包丁は両刃に属し、刺身包丁と出刃包丁に薄刃包丁から成る和包丁全てが片刃に属するのです。何方の包丁も合わせの『付け鋼』と、本焼きの『全鋼』の2種が有ります。片刃の『付け鋼』は軟鉄と鋼とを貼り合わせて造られていて固い物を切っても刃こぼれしない丈夫さと砥ぎ易さが有り、加えて値段も手頃ですから求めやすい包丁です。片刃の『全鋼』は文字通り全てが鋼ですから反り返りも無いのです。
一方で両刃の『付け鋼』は軟鉄で鋼をサンドイッチ式にし、両刃の『全鋼』は此方も全てが鋼ですから依り使い易く出来ています。こうして二者の違いを比較すると出刃包丁が如何に料理人向きで、片や両刃は家庭料理向きで有るかが分かると思います。

コンテンツ

包丁と砥石

安全面もオススメの出刃包丁

出刃包丁は魚を捌くに適しています。出刃包丁は普通の包丁より強度が強いために魚を捌くのに便利です。魚は骨ごと切りますので出刃だと簡単に捌けますので安全面からしてもオススメします。自分は釣りを趣味としていまして釣った魚を捌いて食べるのが大好きです。以前は普通の家にある包丁を使っていましてなかなか切れなくて大変でした。魚を捌いた後に包丁自体が切れなくなってしまったりして悩んでいたんですが。魚の背骨が特に大変で。知り合いの釣り中から出刃を教えてもらいすぐに買ってみました。届いた出刃包丁を見ると刃の厚みが違います。実際に使ってみると骨も簡単に切ることができました。驚いたのは三昧おろ…

魚をさばく人

出刃包丁の保管方法とは

出刃包丁は主に魚をさばくための包丁です。そのため板前さんやお寿司屋さんで見かける可能性が高い包丁である。現在の一般の家庭で、調理の際に使用されているため、魚にかかわらず、肉や野菜などにも使用されている。しかし、本当は魚用として使いたい。包丁には両刃と片刃がある。出刃包丁の刃は片刃のため切れ味が鋭い。まっすぐに切りにくいが、左方向にまっすぐ切ることができるため、刺身をさばく時にきれいな断面をつけることができる。また、包丁の刃の裏に凹みがあるため、摩擦が少なくきれいな断面をつけることができ、見た目や鮮度を保てるという部分において優れていると言える。このように古くに作られた出刃…

沢山の包丁

片刃は料理人向きで両刃は主婦向きです

出刃包丁は刃が片刃のみで表面と裏面を使い分けられます。幅広の刃元は魚の頭を傷付けずに切り落とす為の物ですし、刃の中程から切っ先に掛けて細く鋭い仕様に成っていますので鰭や内臓を取り出す或いは小骨といった細かな部分も難無く処理出来ます。世間一般に良く使われている包丁は出刃包丁の様に表と裏が無く、左右何方から見ても同じ角度で両刃という造りです。一見すると矢印を模した様ですが、洋包丁という括りに入ります。洋包丁は素人でも扱い易く、食材を切る際に真っすぐ刃を入れれば左右均等に切り分けられますので和洋中華と様々な料理を作る家庭向きです。因みに洋包丁や三徳包丁と菜切包丁は両刃に属し、刺身包丁と…

包丁とオレンジ

出刃包丁のサイズ

出刃包丁は片刃でしっかりと厚みがあり、重みもある包丁です。大型の魚から小型の魚まで楽に捌く事が出来ます。プロの料理人や釣り等が趣味の人でなければ、包丁にこだわる事は少ないです。包丁が違ってくると、魚の味が変わってきます。財布に余裕のある人や沢山魚を釣っている人は、お勧めの包丁です。サイズが色々あり、全てを揃えるのは難しいです。自分が良く釣ってくる魚のサイズがどの程度かを知って、それに合ったサイズを選ぶようにします。魚のサイズが10から15センチで、刃渡り13センチ前後の出刃包丁は比較的小さい魚に使用が向いています。魚のサイズが20から40センチで、刃渡りが15センチ前後の場合は大…